方針不明 宙に浮く少子化対策

元々少子化対策などするつもりはないだろうから、宙に浮いて当然だろう。

方針不明 宙に浮く少子化対策

政府が言う少子化対策というのは、子供を増やすことではなく、子が減ることによってその親の老後を支えるのがきつくなるが、それでも政府が負担を肩代わりするのではなく、現行通りの家族型福祉を続けるのにはどうするかということだろう。

日本は先進国の中ではブッチギリの福祉小国

日本は先進国の中ではブッチギリの福祉小国なのだそうだ。アメリカも福祉小国であるらしい。ヨーロッパの人口が少なめの国とかは、政府が積極的に福祉介入しないとこの先どんどん人口が減って国が消滅してしまうぐらいのとこまで行っているから、福祉を手厚くしないといけない。

日本はまだまだ余剰生産力があるから、多少人口が減っても国が立ち行かなくなることはない。ゆえに福祉は薄くていい。
アメリカはガンガン移民や外国人労働者を受け入れれる国だし、世界一儲かってる国だから、福祉は政府が介入しなくても自前でやれと言えばやれなくはない。

そのため、日米はの福祉モデルは家族型福祉に分類される。つまり福祉の負担は家計で被れ(他国に比べて家計に十分に金はあるから)、特に日本だったら家族内で主に主婦が福祉労働力として被れということ。経済大国ゆえのありがたい方針だ。

方針が定まらない福祉政策

『公明党幹部は「子供を産み育てる伝統的家族の再生が大切というのが首相の考えだが、働く女性の支援とは方向性が逆で、政府方針は一体どっちなんだということになる」と指摘。厚生労働省幹部は「施策の方向性が見えにくくなった」とこぼす』

公明党幹部は困惑したフリをしているが、安倍の考えは明らかに家族が世代間で福祉を負担しろということなので、働く女性支援のための新しい施策は必要なく、今までどおりの家族型福祉を現状維持で続けていればいい。

キャリア志向の女性

知人にIR協議会の幹部女性がいるが、福祉にはまるで興味がないようだ。もう結構いい歳なので子供は作らないのだろう。福祉に興味がなくて当然といえば当然だ。

同様のキャリア志向の女性は大手町、日本橋、霞が関、有楽町、新橋、浜松町あたりには大量にいるだろうし福祉なんてやはりどうでもいいんだろう。

そういう女性に限って美人に見えてしまうのが男のサガという悲しい性分でもあったりする。でも、40代でメイク薄めでスーツがキマッテて、バックはやはり銀座あたりで急いで買ったかなりいい物を持った女性は有楽町ではよく見る。

あそこからタクシーで霞ヶ関まで1000円かからないし、大手町なら徒歩圏だ。国際フォーラムにあるカキ料理の有名なレバンテでは昼食に、バリバリのキャリア志向の女性がワンサカいる。

参考 HAKUメラノフォーカスVの効果を1億年使ってテストした結果とHAKUメラノフォーカスVの成分と口コミ

方針不明なんてことは全然ないが、本当のことを言ってしまうと、国民から叩かれるので、分からないフリをしているだけだろう。

資生堂の戦略

資生堂は約10年単位で競争力のある成分の特許をとっている。化粧品の成分の特許の有効期限は10年だ。

資生堂は特許をとった成分のフラグシップブランドを作り、そこで大きな宣伝と実績を残す。その後、他の化粧品にも同様の成分を入れている。

基本的に資生堂の戦略は昔からこのような戦略のようだ。

資生堂の商品がよいというわけではないが、基本的にハズレがない。業界最大手なので商品数も半端ないが、その中にはとても良い物もある。

HAKUメラノフォーカスシリーズなどは、そのとても良い商品の代表的なものだ。

ただ、1つだけ残念なのは、資生堂は大企業で大量の商品を売らなくてはいけないため、危険な要素が少しでもある成分は使えない。

劇的に効くわけもないが、美白成分で世界的にスタンダードなハイドロキノン配合の商品もない。これが資生堂という会社なのだと思う。